EPAとDHAの役割

スポンサードリンク

EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)

EPAとDHAの効果

  • 抗血栓作用と動脈硬化の予防
  • 抗高脂血症への作用
  • 血圧低下への作用
  • 動脈の弾力性の保持作用
  • 抗炎症作用、アレルギー疾患の予防や改善の効果
  • 学習力や記憶能力の維持効果

EPAとDHAの特徴と働き

EPAとDHAはともに青魚類に多く含まれる不飽和脂肪酸です。
1970年代の調査でエスキモーの心筋梗塞の発症率が極端に少ないことがわかりました。
彼らが主に食べていたのはトドやアザラシ等の海の生物の肉や魚肉でした。

 

トドやアザラシは魚を食べていたので、結果としてエスキモーはトドやアザラシの肉を食べることで魚の栄養素を多く摂取していたことになり血中のEPA濃度が高かったのです。EPAは血小板の凝固を抑制するので血栓を予防することになり、血液がサラサラにする効果があり動脈硬化の進行も抑えることができます。

 

総コレステロール値を下げて、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を高める効果や血液の粘性を変えて細い毛細血管にも赤血球がスムーズに入り込んでいく効果、動脈の弾力性を高めて血圧を自然に下げる効果があります。

 

慢性炎症に対する抑制効果もあるため、慢性関節リウマチや喘息等に対する治療効果も期待されています。DHAもEPAのように血液の流れを良くする効果があり知能の働きを促進させる効果が認められています。

 

逆にリノール酸系の食用油や肉類の油は飽和脂肪酸が含まれていて、血栓ができやすく蓄積されると炎症や痛み等を誘発しやすくなります。日本人はもともとEPAを多く含む体質でしたが食生活の欧米化によって現代は飽和脂肪酸の血中濃度が高い人が多いという状況です。

 

  • EPAとDHAを摂取するための食材
  • 青魚類(さんま・いわし・マグロ)ハマチ、ブリ、サバ等

動脈硬化とは

心臓疾患や脳血管疾患の原因となる動脈硬化とは
動脈の内部がでこぼこになることです。

 

赤ちゃんから若い世代では血管の内部はつるつるとしていて綺麗ですが、加齢に伴って内面にくびれができてでこぼこになってきます。血管がでこぼこになるとそこを流れる血液が乱流を起こします。乱流が起きるとその場所では血液が固まりやすくなります。

 

血液を固めるのは血小板の役割ですがこの血小板は傷口や血管内部等血液が乱流を起こしている場所で固まりやすいようにできていて、こうしてできてしまった血液の固まり(血栓)が血管を塞いでしまいます。

 

心筋梗塞は心臓の血管のくびれた部分に血栓ができて詰まってしまう病気で、脳梗塞は脳の血管の中で血栓ができて詰まってしまう場合と心臓等でできた血栓が脳の血管に流れて脳の動脈がつまってしまう場合があります。

 

エコノミークラス症候群と呼ばれた症状も血栓が原因です。飛行機で座りっぱなしの姿勢と気圧の関係で下肢の静脈に血栓ができて、それが肺の動脈内でつまってしまう病気です。
肥満や高血圧、高コレステロールは動脈硬化を促進しやすく、加齢やストレス、過労、喫煙、深酒等は血栓が大きくなるのを促進してしまいます。動脈硬化や血栓を予防・改善していくことを心がけていくのが大切です。

acquavita(アクアヴィータ) スーパーDHAEPA500 30粒

画像をクリックするとアマゾンへの商品説明ページが開きます。

「acquavita(アクアヴィータ) スーパーDHAEPA500 30粒」は、アメリカのダイエタリーサプリメントのトップメーカー、ダグラスラボラトリーズ社の栄養サプリメントシリーズです。1粒にオメガ3脂肪酸を 300mg配合しています。着色料、香料、保存料は一切使用しておりません。毎日の健康維持にお役立てください。30粒入り。お召し上がり方1日1粒を目安に、噛まずに水などでお飲みください。1日の摂取目安をお守り下さい。

 

ご注意
●安全キャップは品質保全のため、また小さなお子さまが手にした場合に、簡単にキャップが開かないよう、使用しております。
●乳幼児の手の届くところに保管しないでください。
●着色料、香料、保存料は一切使用しておりません。
●アレルギー体質や体調により製品がお体に合わない場合がございます。その場合は使用を中止し、医師にご相談ください。

 

保存方法
■内訳⇒内容量:30粒(1粒あたり1.4g)
■1日量(目安):1粒
■約30日分
■サイズ:直径50*高さ90(mm)
■原材料⇒原材料魚油(北海産イワシ)、豚由来ゼラチン(ソフトカプセル)、小麦胚芽(酸化防止剤として)

 

栄養成分表1ソフトカプセル(1.4gあたり)
エネルギー 10.276kcal、たんぱく質 0.257g、脂質 0.961g、炭水化物 0.148g、ナトリウム 0.196mg、ビタミンE(d-アルファトコフェロール) 1I.U、ドコサヘキサン酸(DHA) 120mg、エイコサペンタエン(EPA) 180mg

スポンサードリンク


EPAとDHAの役割関連ページ

ビタミン類の役割
ビタミンの役割は他栄養素と合成して体への吸収を助けたり、細胞を活性化させて免疫力をつけて病気にかかりづらくしたり、体内の血液の循環をよくしたりと人間の生命維持で補助的な役割を果たします。ビタミン類が不足すると他の栄養素の吸収ができなくなったり免疫力が落ちて病気になりやすくなったりするのでビタミンの摂取はとても重要です。
ミネラル類の役割
ミネラルの役割は骨の形成や血液の循環等体の骨組みの部分に直接働きます。特にカルシウムとリンは骨を作る成分で成長時期にカルシウムが不足すると大人になってから骨がもろくなったり骨粗しょう症になりやすくなります。鉄は血液の中に含まれて酸素を体中に運ぶ役割があります。
炭水化物の役割
炭水化物は人間が生きていくためのエネルギーになる栄養素です。炭水化物と脂質とたんぱく質で別の括りで三大熱量素とも言われます。炭水化物は体内に摂取されると糖類へ分解され吸収された後血液によって体の色々な箇所へ運ばれて使用されます。
たんぱく質の役割
たんぱく質は主に人間の体の細胞の成分となります。人間の体はほとんどが水分ですが、この水分を除いた乾燥した部分の成分の約30%がたんぱく質と言われています。皮膚・爪・毛・血液・ホルモン等色々な部分の主成分となっています。
脂質の役割
脂質(脂肪)は見るだけで必要なさそうという先入観にとらわれてしまいますが、適切な量を摂取することは大切です。細胞・ホルモンや血液の原材料となっていて、皮膚や頭髪はある程度の脂質によって保護されています。脂質が不足すると抜け毛や肌が乾燥してしまったりホルモンバランスが崩れて女性にとっては良くありません。
コエンザイムQ10とタウリン
コエンザイムQ10とタウリンについての説明です。コエンザイムQ10は美容やアンチエイジングといった抗老化予防で注目されていますが本来の役割は心臓の筋肉の運動力を高める効果にあります。心臓の機能の向上は運動能力や持久力の向上や血液の流れが向上することで肌の新陳代謝がよくなり肌の老化予防になるわけですね。タウリンは疲労回復に効果があるとされて昔から様々な栄養補助ドリンク等に含まれていることで有名です。このタウリンも本来は心臓機能の強化や心臓疾患の予防に効果あるとされ心臓機能が強化された結果として疲労しにくくなったり疲労を回復させるといった効果に繋がるわけです。
イソフラボンの役割
イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれている栄養素です。日本人は古くから低脂肪でたんぱく質やカルシウム等の栄養素を多く含んでいる豆腐や納豆といった食品を食べてきた歴史があり、このイソフラボンが日本人の食事のおいて健康を保つ要因となっていると考えられています。現在は日本だけではなく欧米でもこのイソフラボンの効果について注目されています。