コエンザイムQ10とタウリン

スポンサードリンク

コエンザイムQ10の役割

コエンザイムQ10の効果

  • 心臓病の予防や改善の効果
  • 抗酸化作用の効果
  • 運動能力の向上や持久力の向上
  • 老化予防の効果

コエンザイムQ10の特徴と働き

コエンザイムQ10(CoQ10)は全ての細胞の中のミトコンドリアに存在している補酵素で体内で合成されます。
エネルギーを産出する回路(クエン酸回路)がエネルギーを作り出すのに欠かせない栄養素です。

 

 

体を動かす際に体内ではエネルギー産出のときに酸素が取り込まれて、エネルギーのもととなるAPTという物質が生成されます。その際に活性酸素が発生してしまいます。

 

活性酸素は細胞内の遺伝子にもついて遺伝子に異変を起こして長年の間にガン化する等の変化を起こします。
激しい運動や無理な運動等は多くの酸素を取り込むために活性酸素を多く発生しやすくさせてしまいます。

 

コエンザイムQ10はエネルギーを発生させる仕組みをスムーズに効率良くさせて、運動している過程での活性酸素の発生を抑える働きがあります。体内でいつも動いている筋肉というと心臓の筋肉です。コエンザイムQ10はエネルギー産出能力をスムーズにして心臓の筋肉の運動力を高めます。

 

心不全や動悸、息切れや低血圧に効果があるとされて心臓からの血液循環を促進します。
昔から病院では心臓の筋肉が弱った患者へノイキノンという薬を投与していたそうです。
ノイキノンの成分はコエンザイムQ10です。

 

全ての細胞に存在して活動をして活性酸素が増加して起こる酸化によるストレスを防ぐために、全身の運動能力の向上や持久力の向上、シミやしわ等の肌の老化予防の効果にも注目されています。体内で合成されるコエンザイムQ10は20歳ごろをピークとして減少していってしまいます。

タウリンの役割

タウリンの効果

  • 血圧正常化の効果
  • 心臓機能の強化
  • 肝機能の強化
  • 疲労回復効果
  • 糖尿病の予防の効果

タウリンの特徴と働き

タウリンはアミノ酸の一種で魚介類に多く含まれている栄養素です。
高血圧を改善して心臓の筋肉の収縮力を上げる効果があるため、心臓機能を強化させて心疾患の予防をします。
胆汁酸の分泌を促進させるため肝臓の機能を高めて解毒機能を強化して、アルコール障害の改善の効果や血中コレステロール値を低下させるのにも効果があります。

 

栄養ドリンクにも使われているように疲労回復効果やすい臓からのインスリン分泌を促進させる効果があり、血糖値を下げて糖尿病の予防効果があります。

 

  • タウリンをを摂取するための食材
  • たこやいか、しじみ、あさり、ハマグリ、牡蠣等の貝類

 

NOW Foods コエンザイムQ10 100mg 50粒

画像をクリックするとアマゾンへの商品説明ページが開きます。


コエンザイムQ10は別名ユビキノンとも呼ばれる化合物で、体内でのエネルギーの消費に欠かせない成分です。
長年に渡って研究が進められ、エネルギーの消費における重要な役割の他、エイジングケアや健康サポートの働きが注目され、老若男女から支持を得ています。NOW Foods社のコエンザイムQ10は自然発酵によって生成される100%ナチュラルな原料を採用しています。コエンザイムQ10をサポートするビタミンEもプラス配合!

 

▼メーカー NOW Foods
▼製品名 CoQ10 100mg 50softgels (アメリカ製/区分:食品)
▼内容量・形状 50ソフトジェル
▼成分内容 (1粒中)
ビタミンE(混合トコフェロール)30IU
コエンザイムQ10100mg
▼他成分
ソフトジェルカプセル(ゼラチン、グリセリン、水、イナゴマメ)、米糠オイル、ミツロウ、β-カロテン(D.サリナ)
※大豆由来成分を含みます
▼飲み方
食品として1日1粒から2粒を目安にお水などでお召し上がり下さい。
▼ご注意
※妊娠中の方、授乳中の方は事前に医師とご相談の上お使い下さい。

スポンサードリンク


コエンザイムQ10とタウリン関連ページ

ビタミン類の役割
ビタミンの役割は他栄養素と合成して体への吸収を助けたり、細胞を活性化させて免疫力をつけて病気にかかりづらくしたり、体内の血液の循環をよくしたりと人間の生命維持で補助的な役割を果たします。ビタミン類が不足すると他の栄養素の吸収ができなくなったり免疫力が落ちて病気になりやすくなったりするのでビタミンの摂取はとても重要です。
ミネラル類の役割
ミネラルの役割は骨の形成や血液の循環等体の骨組みの部分に直接働きます。特にカルシウムとリンは骨を作る成分で成長時期にカルシウムが不足すると大人になってから骨がもろくなったり骨粗しょう症になりやすくなります。鉄は血液の中に含まれて酸素を体中に運ぶ役割があります。
炭水化物の役割
炭水化物は人間が生きていくためのエネルギーになる栄養素です。炭水化物と脂質とたんぱく質で別の括りで三大熱量素とも言われます。炭水化物は体内に摂取されると糖類へ分解され吸収された後血液によって体の色々な箇所へ運ばれて使用されます。
たんぱく質の役割
たんぱく質は主に人間の体の細胞の成分となります。人間の体はほとんどが水分ですが、この水分を除いた乾燥した部分の成分の約30%がたんぱく質と言われています。皮膚・爪・毛・血液・ホルモン等色々な部分の主成分となっています。
脂質の役割
脂質(脂肪)は見るだけで必要なさそうという先入観にとらわれてしまいますが、適切な量を摂取することは大切です。細胞・ホルモンや血液の原材料となっていて、皮膚や頭髪はある程度の脂質によって保護されています。脂質が不足すると抜け毛や肌が乾燥してしまったりホルモンバランスが崩れて女性にとっては良くありません。
EPAとDHAの役割
EPAとDHAという栄養素について説明します。脂肪の高い食事と肉食の増加、魚食や食物繊維と摂る機会の減少等で食生活の欧米化に伴って日本では大腸がん患者の数が急増しました。医学的な実験で魚油から抽出されるEPA(エイコサペンタエン酸)は大腸がんの発生を抑制する効果があるととわかり、また同じく魚油に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)も摂取するとさらに大腸がんの抑制に効果があることが分かりました。
イソフラボンの役割
イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれている栄養素です。日本人は古くから低脂肪でたんぱく質やカルシウム等の栄養素を多く含んでいる豆腐や納豆といった食品を食べてきた歴史があり、このイソフラボンが日本人の食事のおいて健康を保つ要因となっていると考えられています。現在は日本だけではなく欧米でもこのイソフラボンの効果について注目されています。