イソフラボンの役割

スポンサードリンク

イソフラボンの役割

イソフラボンの効果

  • 更年期障害の症状の改善
  • 骨粗しょう症の予防の効果
  • 高血圧予防
  • コレステロール値低下の効果

イソフラボンの特徴と働き

イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれている成分です。女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似ていることから植物性エストロゲンとも呼ばれています。イソフラボンの効果も人のエストロゲンに似たものを生じることがわかっています。

 

日本人は古くから低脂肪でたんぱく質やカルシウム等の栄養素に富んでいる豆腐や納豆、味噌等大豆食品を食べてきた歴史があり、この大豆食品を食べてきたことが日本人の食事における健康を保つ要因となっていると考えられています。
現在は日本にとどまらず欧米でも、日本人の長寿や骨粗しょう症や乳がん、前立腺がんや通風の予防にも効果があるとしてイソフラボンの効果について注目されています。

 

女性は加齢や閉経に伴ってエストロゲンが減少して、更年期障害や骨粗しょう症を引き起こす原因にもなるのでイソフラボンの摂取によって、予防や症状の改善に効果を発揮することがわかっています。

 

エストロゲンは血管の拡張や柔軟性と関係があり、加齢による女性ホルモンの減少のために起こる血管の硬化や血栓の発生や血圧の上昇を引き起こします。このためイソフラボンを摂取して血栓の進行を抑制したり高血圧の予防が期待されています。さらには、血中コレステロール値や悪玉コレステロールの低下の効果があるため、動脈硬化の予防にも役に立つものとして注目されています。

 

イソフラボンは薬ではないため働きは緩やかで強い副作用はないともいわれています。
しかし、子どもや妊婦の人、子宮筋腫や子宮内膜症の人の摂取については医師への相談をおすすめします。
ただしイソフラボンのサプリメント等での摂取の場合だけです。

 

日本人は豆腐や納豆、煮豆や味噌等大豆食品の摂取については長い歴史があり、これらの大豆食品を多く食べることによる大豆イソフラボンの健康への有害な影響というのは報告されたことがありません。

 

イソフラボンの摂取は1日40mgから50mgが理想といわれています。これは豆腐なら100gで約半丁、納豆だと60gで約1パックです。

 

  • イソフラボンを摂取するための食材
  • 大豆や大豆の加工食品、揚げ大豆、豆腐、納豆、味噌、油揚げ等

スポンサードリンク


イソフラボンの役割関連ページ

ビタミン類の役割
ビタミンの役割は他栄養素と合成して体への吸収を助けたり、細胞を活性化させて免疫力をつけて病気にかかりづらくしたり、体内の血液の循環をよくしたりと人間の生命維持で補助的な役割を果たします。ビタミン類が不足すると他の栄養素の吸収ができなくなったり免疫力が落ちて病気になりやすくなったりするのでビタミンの摂取はとても重要です。
ミネラル類の役割
ミネラルの役割は骨の形成や血液の循環等体の骨組みの部分に直接働きます。特にカルシウムとリンは骨を作る成分で成長時期にカルシウムが不足すると大人になってから骨がもろくなったり骨粗しょう症になりやすくなります。鉄は血液の中に含まれて酸素を体中に運ぶ役割があります。
炭水化物の役割
炭水化物は人間が生きていくためのエネルギーになる栄養素です。炭水化物と脂質とたんぱく質で別の括りで三大熱量素とも言われます。炭水化物は体内に摂取されると糖類へ分解され吸収された後血液によって体の色々な箇所へ運ばれて使用されます。
たんぱく質の役割
たんぱく質は主に人間の体の細胞の成分となります。人間の体はほとんどが水分ですが、この水分を除いた乾燥した部分の成分の約30%がたんぱく質と言われています。皮膚・爪・毛・血液・ホルモン等色々な部分の主成分となっています。
脂質の役割
脂質(脂肪)は見るだけで必要なさそうという先入観にとらわれてしまいますが、適切な量を摂取することは大切です。細胞・ホルモンや血液の原材料となっていて、皮膚や頭髪はある程度の脂質によって保護されています。脂質が不足すると抜け毛や肌が乾燥してしまったりホルモンバランスが崩れて女性にとっては良くありません。
EPAとDHAの役割
EPAとDHAという栄養素について説明します。脂肪の高い食事と肉食の増加、魚食や食物繊維と摂る機会の減少等で食生活の欧米化に伴って日本では大腸がん患者の数が急増しました。医学的な実験で魚油から抽出されるEPA(エイコサペンタエン酸)は大腸がんの発生を抑制する効果があるととわかり、また同じく魚油に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)も摂取するとさらに大腸がんの抑制に効果があることが分かりました。
コエンザイムQ10とタウリン
コエンザイムQ10とタウリンについての説明です。コエンザイムQ10は美容やアンチエイジングといった抗老化予防で注目されていますが本来の役割は心臓の筋肉の運動力を高める効果にあります。心臓の機能の向上は運動能力や持久力の向上や血液の流れが向上することで肌の新陳代謝がよくなり肌の老化予防になるわけですね。タウリンは疲労回復に効果があるとされて昔から様々な栄養補助ドリンク等に含まれていることで有名です。このタウリンも本来は心臓機能の強化や心臓疾患の予防に効果あるとされ心臓機能が強化された結果として疲労しにくくなったり疲労を回復させるといった効果に繋がるわけです。